保存状態は金額に影響する事が多い!ブランド買取のテクニックとポイント

ブランド買取は全く同じ商品でも買取金額が違う

ブランド品を売りたい、処分したい時に活用されているのがブランド買取ですが、そのブランド買取は全く同じ商品でも、買取査定金額が異なる事があります。何故、同じ商品なのに金額が違うのかと言うと、それは見た目が汚かったり、付属品が少なかったりすると欲しいと感じる人が減ってしまうからです。ですので、これからブランド買取を行ってもらいたいという方は、次に手にする人が欲しいと思えるような状態にしていきましょう。

そして、そこで重要になってくるのが、ブランド品の保存状態です。その保存状態によっては買取金額が大きく違ってきますし、場合によっては買取を拒否される事もあります。査定金額に大きく影響する部分ですので、普段からブランド品を身に付けたり、保管する時にはなるべく大切に扱いましょう。

保存状態を少しでも良くするテクニック

ちなみに、そんなブランド品の保存状態を少しでも良くして高額査定にしたいという方は、常日頃のメンテナンスと、清掃を行っていくようにしましょう。例えば、バッグ一つにしても、メンテナンスを定期的に行うのと、行わないとでは数年後に大きな見た目の違いになってきます。また、ブランド買取で査定に出す前に、清掃をすると見た目が少しだけよくなり、査定金額が減額されにくくなる事もあります。

まずは、普段利用する時に雑に扱わないようにして、商品へのダメージを減らし、査定に出す前には軽く汚れや、中にゴミが入っていたらそれを取り除くようにしていきましょう。

スマートフォンの買取では、汚れが少しあるだけで、査定のランクが一つ下がり、何千円もの減額になる事もありますが、ブランドバッグもそれと同じです。

全く同じブランド品であっても査定額は、ブランド買取を行う業者によって異なります。更に、持ち込むタイミングによっても、査定額が異なることがあります。