めがねってどう選ぶ?自分の顔に合うタイプは?

レンズの真ん中に黒目が入っているか

視力を矯正する道具としてメガネがあります。眼科などで視力を調べてもらい、適切なレンズなどを調べてもらいます。調べてもらった情報をメガネ店などに伝えれば自分に合うレンズは作ってもらえます。ではフレームはどんなタイプでも良いかです。せっかくならかけた時に違和感がないものを選びたいでしょう。まずは自分でかけてみます。そして鏡で様子をチェックしてみましょう。何となくしっくりこないと感じるとき、それは黒目とレンズの位置関係が影響しているかもしれません。バランスがいい状態だと違和感なく見られるようになります。レンズがあれば、その真ん中に黒目が来るようになっていると自然になります。レンズも真ん中で見た時にきれいに見えるように調節されています。

フェイスラインによって似合うタイプがある

古いドラマや映画を見ていると、その時代のファッションがわかります。それぞれの時代に流行ったファッションが多用されているからでしょう。めがねは矯正具でありながら、最近はファッションアイテムになっています。ですから時代によってそれなりに流行があります。しかし、流行だからと選ぶとあまり自分には似合わないかもしれません。より自分に似合うタイプを選びたいなら、フェイスラインを確認してみましょう。大きく分けると丸顔、三角顔、四角顔があります。顎のラインが決め手になるでしょう。丸顔ならスクエアタイプが良いとされています。もちろん好みもあるので気に入らないといけませんが、フェイスラインにぴったりのものを選んでみましょう。

メガネの通販ならわざわざショップに出向かなくても眼鏡が買えます。デザインもたくさんの種類があるのでお気に入りを選べます。